2006年01月28日

他ではみかけないポテサラ

昨日は16時から池袋でお仕事。上司の代理だ。

17時前には仕事先を出て、すぐさま喫茶店に駆け込みやおらノートPCを開いてお仕事。無事社にデータを送信。送ったデータに問題がないか、珈琲を飲みながら連絡を待つ。

17時30分過ぎになっても連絡がないのでこちらから電話し、直帰する旨を伝える。

さ、どっかいくかぁ。池袋はもともと縁がない。行きたい店はあるのだが、お店の連絡先などを持ってきていなかったので、さっさと諦めて新宿に。

いまだに迷ったまま買い替えしていないPHSを見にビックカメラへ。
お、W-ZERO3在庫ありだって。国産初のスマートフォンと言われている同機だが、やはり普通に通話に使うにはでかい。手持ちの金も3万9,800円はないしなぁ。というわけで、またもお預け。

思い出横丁をうろつくも、ピンと来ない。一瞬、カブトという鰻の串焼き屋に惹かれたが、目の前でおじちゃんが座り満員。タイミング悪い。しょうがないので西口方面に向かう。

自分は一人でほとんど呑まない。これは家でも一緒。
でも、去年の秋くらいからたまに一人で入る店が新宿ばーる。

西口の大型カメラ店の横の路地を入った小さなビルの地下にある小さな店。
入ると客は女性の2人組とおじさん1人。

カウンター席にいるおじさんと少し間を空けて横に並ぶ。
まずははっぴーset。小生か焼酎とモツ煮込みのセットで500円。

最近寒くて最初から焼酎お湯割りとか熱燗を頼んでばかりなので(って言っても前日はビールでスタートしたが…)、小生にした。モツ煮込みも到着し、ゆっくりビールをあおる。何となくホッとする。さて、何をつまむかな、と思いながら鶏のハツと豚のバラ、そしてしいたけを注文。

ここはオーナー(会ったことないけど)が変わった焼酎を入れてくる店。メニューにない酒もある。おじさんが陣取っているカウンターの端っこに色々置いてあるのだが、おじさんの視線をさえぎるのも何なので、我慢する。ありゃ、しいたけは串揚げだったか。でもビールにはまずまず合う。

ここでこの前食べてからはまっているポテサラを注文。その直後におじさんがお勘定をして出ていった。ラッキー。カウンターに並ぶ瓶を物色する。よし、決定。
hirozo:「すいません」
店員:「はい、なんにしましょう?」
hirozo:「お試し焼酎セットで…。元老院、銀滴。あと、この温泉焼酎って米焼酎?」
店員:「えーっと…。今日入ったばかりなんですよね…。温泉です」
温泉?なわけないでしょ。温泉を使っているだけだとおもうけど。
hirozo:「まぁいいや。もう一つは温泉で」
店員:「わかりました」
お試しセットは小さ目のグラスに好きな焼酎3種類を入れて630円。

元老院は魔王の白玉醸造が作る芋をブレンドした麦焼酎。さっぱりしていてしつこくない味。さきほど届いたポテサラと合う。

今日の一品

ブルーチーズ風味のポテサラ


そう、ここのポテトサラダにはほんの少しブルーチーズが入っている。ブルーチーズをそのまま出されてもあまり自分は食べないのだが、香り付け程度に入ったブルーチーズが入ったこのポテサラはうまい。形が残っているじゃがいもに歯を入れて飲み込むと鼻から抜けるブルーチーズの風味。焼酎にも合うなぁ。

次は銀滴。王手門酒蔵の芋焼酎だ。芋の甘味あり、芋感が強いかな。ついでに頼んだうずらの串揚げを食べながら呑む。

そして最後が問題の温泉焼酎、その名も温泉夢。ラベルを見ると、やはり米焼酎だ。熊本県人吉市の大和一酒造元の酒。ここは牛乳焼酎の牧場の夢なんてのも作っている。味は普通の米焼酎だが、なんとなくさっぱり呑める。健康にも良いらしい。

最後は何で締めようか。料理はイイダコのガーリック炒め。酒はギネスにした。ギネスの甘苦い感じとガーリックの香り、そしてコリコリのイイダコがマッチした。

この店、もうすぐ2周年らしい。2月の初めには時間限定で10%offなどを企画しているようだ。また来るかな。それと営業時間を確認。平日は17:00-24:00、土曜は17:00-23:00で、日曜は休みらしい。居酒屋マップも更新しなきゃ。
タグ:煮込み
posted by hirozo at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12417656
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

温泉夢 温泉焼酎 25゜1800ML
Excerpt: 親戚の集まりに持って行って、好き嫌いが分かれましたが、私の好きな味わいでした。宴が終わった時に瓶に半分くらい残っていたんですよ。最後まで呑めなかったことに悔いが残ります。改めて自分用に買おうかなぁ。美..
Weblog: 米焼酎への思い
Tracked: 2007-09-07 17:21
www.flickr.com