2009年04月22日

久しぶりに一念発起

今日は居酒屋礼賛の浜田さんとも親交が深いしんちゃんさんに久しぶりにお会いして「2月9日以来更新していないね」と厳しいご指摘をいただいたので^^;ちょっと書いてみる。

最近、どの街でも立ち呑みが増えているが、自分の職場に近い人形町界隈でも頭に思い浮かんだだけで5−6軒の店が開店している。

今日はこの半年くらいお互い誘い合いながらいつもどちらかが都合が悪くて会えていなかった仕事先の方に会った。この方は自分の担当する業界の団体職員で前日激しい飲み会をされたようだが、これまでのやり取りを踏まえ無理して「1時間だけね」ということで久しぶりの再会となった。

この団体職員の方はとにかく居酒屋の嗅覚に優れた人で、数年前に私の会社近くに職場が移転してきたのだが、うちの会社の人が15年ほどかけて開拓した店を一発でみつけ、ものの1−2ヶ月で常連になってしまうような人。まず店主や女将さんと仲良くなるので、うちの会社の常連の人より店の事情に詳しかったりするのが怖いくらい。

最初は両国橋のたもとの江戸政にしようかと考えたが、ちょっと遠い。
人形町界隈でということで、最近人形町で次々と店をオープンしているおか吉の系列店の立ち呑み魚平に入った。

おか吉という店は小さな店で、ボンカレーやキンチョーの看板を飾るようなレトロな内装で新鮮な魚を出す居酒屋。その後すぐ近くで立ち呑みの魚平をオープンし、続いて水天宮前に少し前にできた商業ビルに箱の大きな店をオープン、さらに先月魚平の隣に串揚げのおか吉を始めている。

魚平はカウンターだけの店なので、全部で10人くらいしか入れないが、おか吉同様新鮮な魚、手に入りにくい部位や魚を出す。それもほとんどが200円か300円の店。

初めて入ったが団体職員の人が聞いたおすすめを素直に頼む。「あじの刺身なんですけど、尾赤あじといって手に入りにくいんです」とは一人でこの店を切り盛りするたけちゃん。

団体職員の人はいつも店のトップを攻略する。「ねえねえ、初めてこの店来たんだけど、なんて呼べばいい?ご主人、板さん、マスター?」
たけちゃん:「なんて呼んでもいいですよ。ただ苗字や名前からへいちゃんとかたけちゃんて呼ばれます」
団体職員の人:「じゃあたけちゃんね」
こんな感じ。

今回は写真がないけど、あじの刺身もおいしいし、自家製のポテサラもなかなか。
これ以外にもホタルイカやイカ大根、小柱の刺身などをつまんでホッピーを流し込んだ。

でも、2人で2500円程度。安い。

こんな2人が1軒では終わらない。

最初はなぎら健壱の知り合いがやっている酒喰州に向かうも満員。
やっぱり座りたいということでおでんのナポリに行き着いた。

ここでようやく冒頭のしんちゃんさんとご対面というわけ。

ナポリはしんちゃんさんが年間150日以上通う店。
(詳しくはリンク先の浜田さんの記事をご参照)

たまに来ているんだけど、この1年以上お会いできずにいた。

ナポリのご主人も最初にきたときに比べるとだいぶお年を召された感じ。
がんばって欲しいものである。
posted by hirozo at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117925602
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
www.flickr.com