2008年11月29日

進化する仙川・番兵

この春からたびたびお邪魔している仙川の番兵(ばんべ)がどんどん進化?している。

店は古本屋のそばの細い路地を入ったところにある。



入り口横の暖簾がかかっているところは常連さんがよく立っている。



店内はカウンター側に8人ほど立つことができ、反対の壁側も立つことができる。



壁には味のあるおっちゃんが描かれている。



いわゆるソース二度漬け禁止、キャベツはサービスの串かつとおでんの立ち呑み。



これ以外に温めたソースで串かつやキャベツを煮込むオリジナルの串鍋がある。

これが串鍋。黒くて濃厚なソースは苦味もある。



キャベツは串に刺したまま串鍋に投入し、取り出した後串を外してはさみで食べやすくカットして出される。上の串は勘定用。



玉子はおでん種のものを串鍋に投入する。



これはメニューにない串かつのレバーを使ったレバーの串鍋。たぶんお願いすればやってくれるはず。



湯豆腐はおでん鍋に入っていて、崩さないよう慎重に取り出した後とろろ昆布がかけられている。



仙川で15時から呑めるだけでもありがたい店だが、10月の上旬に行くと、
店主:「明日から13時オーブンです」
それはすごい。でも需要はあるのかなあと半信半疑だった。

その後またお邪魔すると、「9時30分営業開始」の告知。
これには唖然。

hirozo:「本当にやるんですか?」
店主:「どうせ仕込みやってますから」

そうなんだろうけど、ますます心配になる。

番兵では毎月25〜4日限定でカレーを出しているのだが、さすがにこれは15時以降のメニュー。だからランチには使えない(もともと単品では出してないけど)。店主は洋食の経験があるらしく、この前常連さんに聞いたところによると、「毎月違った味付けの工夫がされていて違って楽しみ」なのだそうだ。次来るときが楽しみになる。



これが最近食べた牛すじカレー。辛さはマイルドだがうまいです。

実際に9時30分営業が始まってから夜にまたお邪魔してみた。



本当にやってる^^;

hirozo:「朝から来るお客さん、いるんですか?」
店主:「ええ、結構いますよ。夜勤明けのキューピーの方とか」
そう、仙川にはマヨネーズやドレッシングでおなじみのキューピーの工場がある。なるほどね。
店主:「バイトの人も社員になってくれましたし」
それなら店主一人が忙しいという状況も緩和されそうだ。

串かつ、おでん、串鍋以外にも塩すじ煮込みとか、



塩もつ煮込みとか、



洋風のペースト、




もあるし、普通の立ち呑みには無さそうな洋風のメニューもよく登場する。

どんどん進化する番兵。

唯一の謎は、看板に書いてある



ホルモン焼きがメニューに無いこと。

今度は口開けを狙って聞いてみるか^^;
posted by hirozo at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
www.flickr.com